精油のブレンド比率・濃度|アロマセラピーで使う精油について

アロマ最新情報のメルマガ・サロン検索等の便利機能
個人会員登録(無料)
お気軽にご登録ください。

HOME > アロマを知る > 精油について

精油のブレンド比率・濃度

精油は、肌に原液で用いて良いものは数が限られていて、ほとんどは植物オイルやアルコールなどのキャリアで薄めて使います。ここでは、アロマクラフト別の精油のブレンド比率(濃度)の目安をご紹介します。精油を用いる時の安全性のガイドラインになりますので、ぜひ覚えておきましょう。

キャリアと精油が比較的混ざりやすい場合

次に挙げるものを作る場合は、キャリアの中に精油が均一に混ざりやすいので、精油の濃度を2~3%にしてブレンドします。

作るもの 最大濃度 キャリア50cc
に対する滴数
キャリア名
トリートメントオイル
(ボディ・フェイス・ヘア)
2~3% 20~30滴 植物オイル
クリーム 2~3% 20~30滴 蜜ろうと植物オイル、アロマジェルなど
液体シャンプー 2~3% 20~30滴 液体シャンプーの基材
歯磨き粉 2~3% 20~30滴 カオリンの土と水

【注意】
滴数は、1滴を0.05ccとして算出しています。メーカーによっては、1滴が0.03ccの場合もあるので確認が必要です。

キャリアと精油が比較的混ざりにくい場合

次の場合は、キャリアのほとんど水のため、比重の軽い精油は、放置しておくと上に浮いてしまいます。また、容器を振っても手にとった時に精油の分子がまとまりやすいので、濃度を低くします。

作るもの 最大濃度 キャリア50cc
に対する滴数
キャリア名
ローション 1~2% 10~20滴 アルコールと水

アルコールを用いたフレグランスの場合

精油はアルコールにとてもよく溶けます。フレグランスで用いる場合は少量ですし、直接、肌につけるものではないので、精油の濃度は高くなります。

作るもの 最大濃度 キャリア50cc
に対する滴数
キャリア名
コロンやルームフレッシュナー 2~5% 20~50滴 アルコールと水
香水 10~25% 100~250滴 アルコールと水

その他

肌の中に浸透せず、表面に長時間置かれるパックの場合は、濃度が大変低くなります。

作るもの 最大濃度 キャリア50cc
に対する滴数
キャリア名
フェイスパック 0.2% 2滴 カオリンの土と水と蜂蜜、ヨーグルトなど

↑ PAGE TOP