ヒノキ-檜(枝葉・葉)-和のアロマセラピーの精油紹介

夏に最適の涼感ローションセットが37%OFF!
サイト開設1周年記念特別セール実施中!
7月31日まで!

HOME > アロマを知る > 和のアロマ > 精油紹介

ヒノキ-檜(枝葉・葉)|和のアロマの精油紹介

ヒノキ科ヒノキ属
学名 Chamaecyparis obtusa
抽出部位 枝葉、葉
抽出方法 水蒸気蒸留法
採集地 生育林(主に飛騨高山)

葉の香りの特徴

葉部は木部に比べて、香りとしては軽い感じがします。アーユルベーダでは、木部の方が好きな人は落ち着きたい人、葉部が好きな人は飛躍したい人といわれています。

葉部にはボルネオールやネロリドールが多く含まれており、世界の他の樹木と比較してみると、その成分
からも、群を銭いた香りのよさが予想されます。

ヒノキ(葉)の成分と成分が持つ機能

成分 比率
(%)
成分分類 成分の特徴および機能
サピネン
20~30 モノテルペン炭化水素 森林浴、体に活力、抗ストレス、うつ滞除去、抗菌、組織再生、消化促進、コーチゾン様作用、細胞収縮、緩和、収斂、鎮痛、強壮
リモネン
ボルネオール 5~13 モノテルベン
アルコール
素早く反応、バランス機能、抗菌、抗ウイルス、緩和、免疫強化、鎮静、強壮
酢酸ボルニル 7~12 エステル類 緊張緩和、鎮静、鎮痙、消炎、鎮痛
ネロリドール 6~1 セスキテルペン
アルコール
ゆっくり反応、持続的に抵抗カを高める、抗菌、免疫調整、細胞修復、緩和、自律神経の調整、抗ストレス

※参考文献 日本の森から生まれたアロマ/稲本正著/世界文化社

アロマサロンを探す

全国アロマサロン検索.jp

アロマサロン検索.jp

全国のアロマサロンを地域、目的別に簡単サーチ!

FACEBOOKページ ツイッター

↑ PAGE TOP