アスナロ-翌檜-和のアロマセラピーの精油紹介

お気軽にご応募ください!!
アロマ小冊子無料プレゼント中!!
アロマ最新情報のメルマガ配信&その他、豪華特典も!

HOME > アロマを知る > 和のアロマ > 精油紹介

アスナロ-翌檜|和のアロマの精油紹介

ヒノキ科アスナロ属
学名 Thujopsis dolabrata
抽出部位
抽出方法 水蒸気蒸留法
原産国 日本
採集地 野生、時に生育林(主に飛騨高山)

アスナロ-翌檜の香りの特徴

日本の森から生まれたアロマの中で、アスナロ(ヒバ)は、かなり特別な香りがします。爽やかさやフローラルさではなく、森の樹々の根源からわき上がるような香りで、とりわけ防虫効果も強いツヨプセンが60%以上もあり、その影響か、好き嫌いが分かれる香りです。しかし、女性の中にはとても好きだという人が一定数います。

アスナロ-翌檜の成分と成分が持つ機能

成分 比率
(%)
成分分類 成分の特徴および機能
ツヨプセン
62~73 セキステルペン炭化水素 ゆっくり反応、消炎、鎮痛、うつ滞除去、(防虫・抗菌)
リモネン モノテルペン炭化水素 森林浴、体に活力、抗ストレス、うつ滞除去、
抗菌、組織再生、消化促進、コーチゾン織作用、細胞収縮、緩和、収れん、鎮痛、強壮
b-フェランドレン
ネロリドール

※アスナロ(木)の成分は圧倒的に炭化水素が多いですが、ツヨプセン以外のものは安定せず、一般的に1%くらいは含まれているヒノキチオールも分析に出てこないことがあります。

※参考文献 日本の森から生まれたアロマ/稲本正著/世界文化社

アロマサロンを探す

全国アロマサロン検索.jp

アロマサロン検索.jp

全国のアロマサロンを地域、目的別に簡単サーチ!

FACEBOOKページ ツイッター

↑ PAGE TOP