ヒメコマツ-姫小松|和のアロマセラピーの精油紹介

お気軽にご応募ください!!
アロマ小冊子無料プレゼント中!!
アロマ最新情報のメルマガ配信&その他、豪華特典も!

HOME > アロマを知る > 和のアロマ > 精油紹介

ヒメコマツ-姫小松|和のアロマの精油紹介

マツ科マツ属
学名 Pinus paruiflora
抽出部位 木、枝葉
抽出方法 水蒸気蒸留法
原産国 日本
採集地 野生(主に飛騨高山)

ヒメコマツの香りの特徴

マツの木の新芽などを指でつぶすとツンとしたヤニのにおいがします。しかし、同じマツ科なのにヒメコマツはそのツンとした感じがありません。やわらかに包み込むような香りの奥に、モノテルペン炭化水素の森林浴の香りが隠されていて奥深い感じがします。

ネロリドールやテルビネオールなどが、香りを変えていると思われます。

ヒメコマツの成分と成分が持つ機能

成分 比率
(%)
成分分類 成分の特徴および機能
α-ピネン
23~29 モノテルペン炭化水素 森林浴、体に活力、抗ストレス、うつ滞除去、
抗菌、組織再生、消化促進、コーチゾン織作用、細胞収縮、緩和、収れん、鎮痛、強壮
サビネン 13~18
ミルセン 5~14
リモネン 5~13
β-ピネン 1~4
酢酸ボルニル 5~13 エステル類 緊張緩和、鎮静、鎮痙、消炎、鎮痛
ネロリドール 1~5 セキステルペンアルコール ゆっくり反応、持続的に抵抗カを高める、抗菌、免疫調整、細胞修復、緩和、自律神経の調整、抗ストレス
テルピネオール 1~4 モノテルペンアルコール 素早く反応、バランス機能、抗菌、抗ウイルス、緩和、免疫強化、鎮静、強壮

※参考文献 日本の森から生まれたアロマ/稲本正著/世界文化社

アロマサロンを探す

全国アロマサロン検索.jp

アロマサロン検索.jp

全国のアロマサロンを地域、目的別に簡単サーチ!

FACEBOOKページ ツイッター

↑ PAGE TOP