久保明 医学博士のメディカル質問教室|アロマセラピーを仕事にする.jp

夏に最適の涼感ローションセットが37%OFF!
サイト開設1周年記念特別セール実施中!
7月31日まで!

HOME > アロマを知る > メディカルアロマ

久保明 医学博士のメディカル質問教室

久保明 医学博士のメディカル質問教室

Q1嗅覚のはたらきとエイジングについて教えてください。

嗅覚のはたらきとエイジングものの臭いを認識する嗅覚は、鼻腔内の嗅覚領域(上鼻甲介の内側とそれに対応する鼻腔500mm2 の領域) に存在しています。
嗅細胞の細胞膜上には受容体があり、ここに臭いのもと(化学物質) が結合すると電気信号が発生し、これが嗅覚受容器、嗅球、嗅皮質へと伝わり、臭いとして認識されます。

嗅覚障害を起こす最大の原因は鼻腔の炎症ですが、エイジングも嗅覚障害をもたらすひとつの原因になっています。嗅細胞や嗅球に加齢による変性が起き、臭いに対する反応が鈍くなるためです。

また、アルツハイマー型認知症のように、中枢神経側に問題がある疾患がある場合でも、嗅覚障害を合併することがあります。

嗅覚は味覚とも関連性が深く、嗅覚障害を起こして臭いが分からなくなると、食べものの味も分からなくなることがあります。嗅覚障害が原因で味覚障害を起こし、それが食欲不振や塩分、糖分の過剰摂取などにつながるケースも見られます。

Q2最近、よく耳にするGI 値ってなんですか?

GI 値GI 値とは、グリセミックインデックス値のこと。食べ物が胃や腸で消化され、血液中にブドウ糖として取り込まれるまでの時間を、ブドウ糖を摂取した状態を100 として比較したもの。

このGIの値が高いと血糖値が上がりやすく、低いと血糖値が上がりにくいとされています。

グリセミックインデックスとは50g の食べ物における血糖曲線を示したもの。このグリセミックインデックスに対し、グリセミックロードとは1日あたりの必要量でとれくらい上がりやすいかを示したものです。

グリセミックインデックスとグリセミックロードでは、血糖値の上がり具合がまったく違い、グリセミックインデックスの方が数値が大きくなっています。

これは食べものの中のブドウ糖だけにスポットを当てており、吸収を緩やかにする食物繊維をはじめとする、ほかの栄養素が考慮されていないためだと考えられます。

このことから食べもののほかの栄養素も考慮に入れ、総量から血糖曲線を出したグリセミックロードを利用したほうが良いのではといった考え方も出ています。

メディカル質問教室のPDFファイルを無料プレゼント致します!

MAA認定・メディカルアロマ アドバイザー通信講座
メディカル質問教室のバックナンバーをまとめたPDFファイルを、お申込みいただいた方全員に無料でプレゼント致します!アロマスクールラヴァーレ主宰・菅野千津子による「アロマセラピー紙面セミナー」のレポート(PDFファイル)も一緒にダウンロードできます。


アロマサロンを探す

全国アロマサロン検索.jp

アロマサロン検索.jp

全国のアロマサロンを地域、目的別に簡単サーチ!

FACEBOOKページ ツイッター

↑ PAGE TOP