バジル(メチルチャビコール)-精油の紹介|アロマセラピーを仕事にする.jp

アロマ最新情報のメルマガ・サロン検索等の便利機能
個人会員登録(無料)
お気軽にご登録ください。

HOME > アロマを知る > 精油について > 精油紹介

バジル(メチルチャビコール)

バジルの語源は、ギリシャ語の王を表すBasileusからの由来とされています。草丈30~50cm程になる1年草で、「ハーブの王」「香草の王」とも呼ばれています。

このタイプはメチャビルコールが多く含まれ、他にリナロールが多いものも流通しています。

学名

Ocimum basilicum L.

特徴

精油はおおむね黄色で、弱い薬品臭が感じられます。

科名 シソ科
抽出部位 全草
主な成分 メチルチャビコール、1.8-シネオール、t-β-メシオンなど
主な産地 マダガスカル、コモロ、ベトナムなど
抽出方法 水蒸気蒸留法
ノート ミドル
香りの強さ 強め
特性 喘息治療、筋肉弛緩、抗菌、防虫作用など
こんな時におすすめ 筋肉弛緩作用がありアロママッサージで背中の筋肉をやわらげる効果がある
喘息などの場合、のど付近のマッサージに
注意事項 妊娠中・授乳中・乳幼児がいる場合の使用は避ける。
皮膚刺激を感じる場合があるので、敏感肌の方は注意が必要。

アロマサロンを探す

全国アロマサロン検索.jp

アロマサロン検索.jp

全国のアロマサロンを地域、目的別に簡単サーチ!

FACEBOOKページ

↑ PAGE TOP