カユプテ-精油の紹介|アロマセラピーを仕事にする.jp

アロマ最新情報のメルマガ・サロン検索等の便利機能
個人会員登録(無料)
お気軽にご登録ください。

HOME > アロマを知る > 精油について > 精油紹介

カユプテ

カユプテは東南アジアから北オーストラリアまで原産地とされていますが、最近はベトナムやインドネシアで多く栽培されています。やや白いスポンジ状の樹皮をもつ常緑の大木です。

学名

Melaleuca leucadendron L.

特徴

精油はほとんど無色で、成分内容からカンファー臭が強いタイプです。古くから去痰、強壮などのために使われていました。

科名 フトモモ科
抽出部位
主な成分 1,8-シネオール、α-テルピネオール、ネロリドール、リモネンなど
主な産地 インドネシア、ベトナムなど
抽出方法 水蒸気蒸留法
ノート トップ
香りの強さ
特性 去痰、免疫向上、抗炎症、抗菌、抗真菌作用など
こんな時におすすめ 風邪の初期などでは芳香浴として
気管支炎症の際、患部のマッサージとして
注意事項 1,8-シネオールが多いと皮膚刺激の可能性があるので濃度に注意

アロマサロンを探す

全国アロマサロン検索.jp

アロマサロン検索.jp

全国のアロマサロンを地域、目的別に簡単サーチ!

FACEBOOKページ

↑ PAGE TOP