湿布(冷湿布・温湿布)-アロマセラピーの主な利用方法|アロマセラピーを仕事にする.jp

アロマ最新情報のメルマガ・サロン検索等の便利機能
個人会員登録(無料)
お気軽にご登録ください。

HOME > アロマを知る > 主な利用法

湿布(冷湿布・温湿布)

不快な部分に、タオルを当て湿布をする方法も効果的です。ひんやり爽やかな冷湿布、じんわりと温かい温湿布と、当てる場所や季節等に合わせて、どちらかを選びましょう。

冷湿布

冷湿布の場合は、10度~15度くらいの冷水に精油を入れ、精油を1、2滴たらします。よくかき混ぜ、タオルを浸して軽くしぼり、目的の場所に当てます。冷蔵庫でしばらく冷やしておくのも良い方法です。

温湿布

温湿布は、洗面器に熱湯を入れ精油を1、2滴たらします。よくかき混ぜ、タオルを浸して軽くしぼり、目的の場所に当てます。

湿布の注意事項

・温湿布の場合は、熱湯なので火傷には注意しましょう。

・温湿布は、炎症やハレている部分には利用しないようにしましょう。

・直接肌に当てるため、皮膚刺激がないか確認してから行いましょう。

・目に当てる時は、必ず目を閉じましょう。

・気分や状態に合わせて使用する精油を選び、安全に利用しましょう。


アロマサロンを探す

全国アロマサロン検索.jp

アロマサロン検索.jp

全国のアロマサロンを地域、目的別に簡単サーチ!

FACEBOOKページ

↑ PAGE TOP