アロマオイルの誤飲相次ぐ|乳幼児12件、中毒の恐れ

自宅でアロマセラピーや香りを楽しむために使うアロマオイルを、乳幼児が誤飲する事故が相次ぎ、過去6年間で少なくとも12件あったことが12日、消費者庁への取材で分かった。

死亡例はないものの、けいれんや嘔吐、下痢などの中毒症状が出る恐れがある。


アロマセラピーが広く普及するにつれて、このような事故も増えていく危険があります。

精油を乳幼児の手が届かない場所に保管することは基本ですが、改めて心に留めておきたいですね。

小さなお子様がいるご家庭は十分に注意してください。

https://this.kiji.is/280284875795611652

スポンサーリンク
レクタングル(大)




レクタングル(大)




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。