アロマ=「癒し」だけじゃない! 企業も注目している「香り」の可能性とは?|アロマ調香デザイナー・齋藤智子さんインタビュー

「アロマ」=「香り」は人の好みもそれぞれなので、趣味の領域と考えられがちですが、企業も「香り」に注目。

店舗やモデルルームなどに「香り」を取り入れたり、「働き方改革」に活用されたりするなど、アロマの可能性が広がっています。

なぜアロマが働き方改革に関係あるの?

アロマの可能性って?

そもそも香水と何が違うの?

というわけで、世界最大級のデザイン見本市「ミラノサローネ2017」でミラノDesignアワードを受賞したPanasonicDesign×GO ONの展示で、網香炉のアロマ調香を担当するなど、業界でも注目されているアロマ調香デザイナーの齋藤智子さんに話を聞きました。

詳しくは下記URLをクリックしてご覧ください。

https://wotopi.jp/archives/66503

スポンサーリンク
レクタングル(大)




レクタングル(大)




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。