沖縄の大自然を感じるアロマ シークヮーサーの香りを商品化 サプリも開発

沖縄セルラーアグリ&マルシェ(國吉博樹社長)と食品の企画・開発を手掛けるフードリボン(千葉県、宇田悦子社長)は22日、大宜味村産シークヮーサーを使ったアロマオイルやサプリメントなどの商品を開発、販売する「『KISEKI』プロジェクト」を発表した。

「世界自然遺産支援」として売り上げの一部を国頭、大宜味、東の3村などでつくる同遺産推進協議会に寄付するなど、地域貢献も目指す。


詳しくは下記アドレスよりご覧ください。

https://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/334150

@沖縄タイムズプラス

スポンサーリンク
レクタングル(大)




レクタングル(大)




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。