アロマセラピーのための精油ハンドブック|エッセンシャルオイル関連本

精油はそれぞれ特有の芳香をもち、含まれる薬効成分によって、多様な生理活性を示す。

よって、個々の精油の特性を知り、最適なものを選択し、正しく使用することがアロマセラピーの効果を左右する。本書は、精油の性状や品質を適正化するため、あらゆる角度から精油の情報を収集・精査し、見やすく・調べやすく・わかりやすい内容となっている。

「精油編」・「成分編」・「実用編」の3編から構成され、医療現場でアロマセラピーを駆使する医療従事者をはじめ、アロマセラピー愛好家の方々へ、実用書としてまとめた一冊である。

amazon.co.jpで詳しく見る

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 128ページ
  • 出版社: 丸善出版 (2016/11/12)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4621300857
  • ISBN-13: 978-4621300855
  • 発売日: 2016/11/12
スポンサーリンク
アドセンスフッター
アドセンスフッター

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。