エッセンシャルオイル総覧|アロマセラピーの精油関連書籍

エッセンシャルオイルの全容が一望できるガイドブックです。
天然物から抽出されるエッセンシャルオイルは、アロマテラピーをはじめ、化粧品、家庭日用品、医薬品、食品など様々な分野で利用され、その重要性はますます増大しています。

本書では、1)エッセンシャルオイルの生産動向、規制と安全性、品質基準、評価法などについて解説した「エッセンシャルオイル概論」、2)160種のエッセンシャルオイルを取り上げ、概要、主成分、機能性、有用性、品質基準、安全性、アロマテラピーでの注意事項等について記述した「エッセンシャルオイル各論」、3)45社47ブランドのエッセンシャルオイルの特徴や取り扱い品目を紹介した「主要エッセンシャルオイル図鑑」という3部構成により、あらゆる角度からエッセンシャルオイルの全容について詳説。

エッセンシャルオイルの品質規格指針として、アロマテラピーや香料等関連業界をはじめとする、エッセンシャルオイルを扱うすべての方々におすすめのガイドブックです。

amazon.co.jpで詳しく見る

登録情報

  • 単行本: 287ページ
  • 出版社: フレグランスジャーナル社; 改訂版 (2010/6/15)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 489479179X
  • ISBN-13: 978-4894791794
  • 発売日: 2010/6/15
スポンサーリンク
アドセンスフッター
アドセンスフッター

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。