〈香り〉はなぜ脳に効くのか アロマセラピーと先端医療|メディカルアロマ関連本

認知症もガンも、いい〈香り〉で治療する時代がやってきた!

視覚、味覚、聴覚などと並び、非常に身近な感覚でありながら、科学的にまだ謎が多く残る分野――それが「嗅覚」である。

重度の認知症患者の症状を改善したり、がんの終末期の疼痛を和らげる〈香り〉。これまでの西洋医学では太刀打ちできなかった病状の治療方法として、いま注目されているメディカルアロマセラピーを、嗅覚のメカニズムや最先端の臨床例からわかりやすく解き明かす。

登録情報

  • 新書: 216ページ
  • 出版社: NHK出版 (2012/8/8)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4140883855
  • ISBN-13: 978-4140883853
  • 発売日: 2012/8/8

スポンサーリンク
アドセンスフッター
アドセンスフッター

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。