アロマセラピストの主な仕事内容(職種)

アロマ最新情報のメルマガ・サロン検索等の便利機能
個人会員登録(無料)
お気軽にご登録ください。

HOME > アロマを仕事にする > アロマセラピストとは

アロマセラピストの主な仕事内容(職種)

アロマセラピストの職種は、多方面にわたり、幅広く拡大していますが、大きくは、サロン等でお客様に施術をするアロマトリートメント系、精油等の商品や利用方法の説明をするアドバイザー系、スクール等でアロマセラピーの知識、技術を教える講師(インストラクター)系の3つの分野に分けられます。

それぞれの職種についての仕事内容について、詳しくご紹介します。

アロマ トリートメント系のお仕事(アロマサロン等)

アロマトリートメントのお仕事は、アロマセラピー関連の職種では、最もポピュラーで、求人の数も圧倒的に多いです。

専門のアロマサロンの他に、エステティックサロン、温浴施設やホテル、ブライダルサロン、各種治療院などでも、アロマ トリートメントを取り入れるところが増えています。

また、ご自身で開業したり、自宅の一室でアロマサロンを運営する方も多く、独立の道としても人気があります。

もっと詳しく見る

アドバイザー系のお仕事(アロマショップ等)

専門のアロマショップやアロマグッズを取り扱うお店で、精油やアロマの関連商品を購入する方にアドバイスをしたり、市民講座や福祉施設等で、目的別の使い方やアロマグッズの作り方などを教える仕事です。

お客様は、初心者からアロマのプロとして仕事に従事している人までさまざまですので、精油の特性や禁忌、簡単な利用法、アロマセラピーを行う上での注意事項などを幅広くお答えできる知識・能力が必要となります。

もっと詳しく見る

アロマセラピー講師系のお仕事(アロマスクール等)

専門のアロマ スクール、その他セラピー関係のスクール等で正しい知識を指導したり、アロマセラピストを養成するお仕事です。

アロマの資格取得を目指す人は、年々増加しており、その中には将来プロを目指す人もいるわけですから、日常の利用法や精油の特性はもちろん、精油の化学や人体の生理学など、より深く高度なアロマの知識が必要になります。

もっと詳しく見る

その他

精油メーカー、アロマ関連企業等で、アロマに関するイベントの企画、広報、商品の企画、仕入れなどをするお仕事もあります。アロマの知識の他に、各業務のスキルも必要です。

その他にも、医療の現場、ペットアロマセラピスト、スポーツアロマセラピストなど、アロマセラピーは、さまざまなシーンで取り入れられていて、今後も、ますます広まりを見せていくでしょう。


いずれの職種を目指すにも、アロマセラピーの正しい知識、技術が要求されますので、まずは、アロマセラピーを体系的に学習することをおすすめします。

アロマサロンを探す

全国アロマサロン検索.jp

アロマサロン検索.jp

全国のアロマサロンを地域、目的別に簡単サーチ!

FACEBOOKページ

↑ PAGE TOP