アロマセラピストの仕事に関する法令

アロマ最新情報のメルマガ・サロン検索等の便利機能
個人会員登録(無料)
お気軽にご登録ください。

HOME > アロマを仕事にする > 仕事に就くには > 独立開業する

アロマセラピストの仕事に関する法令

通常、アロマセラピーのショップやサロンを開業する場合に、その業務を直接制限する法律は現在のととろ存在しません。従って、ショップやサロンを開業するにあたって、役所の許可を受ける必要はないわけです。

しかし、わたしたちが精油を販売する上で、注意しなければならない法律、アロマセラピーの実務を行う際に注意しなければならない法律があります。

精油は法的には雑貨扱いですが、非常に濃密な液体のため、使用にあたっては様々なルールがあり、正しく安全に使用してこそアロマセラピーが実践できるのです。

法律があるために、さまざまな営業活動や表現、表示が制限されるという考え方ではなく、「消費者が誤った理解や使用をしないために」法律があると考えてください。法律があってもなくても、消費者に対しての適切なアドバイスが必要なのです。

ショップやサロンを開業を運営する場合はもちろんのこと、従業員としてアロマセラピストの仕事に携わる場合にも、アロマに関する法律については確実に把握、理解しておくことが重要です。

ショップ・サロンの営業行為に関する注意点 経営業務に関する注意点

アロマサロンを探す

全国アロマサロン検索.jp

アロマサロン検索.jp

全国のアロマサロンを地域、目的別に簡単サーチ!

FACEBOOKページ

↑ PAGE TOP