レモングラス 前頭葉活性化や鬱・更年期障害の治療に期待

高齢になると、体の機能が低下するが、特にアルツハイマー型認知症の場合は初期から嗅覚の異常が見られ、認知症の重度化とともに嗅覚も低下するという。

(平成23年度厚生労働省「認知症高齢者の食行動関連障害支援ガイドライン 作成および検証に関する調査研究報告書」より)

つまり、においに対して鈍感になったら、認知症の注意信号ともいえる。

今、よい香りで嗅覚を刺激し、認知症や介護予防、改善にも役立てようというアロマセラピーが注目されている。在宅や施設、病院などでメディカルアロマセラピーを行う、所澤いづみさんに聞いた。


詳しくは下記アドレスをクリックしてご覧ください。

https://news.biglobe.ne.jp/trend/0227/sgk_180227_4994599616.html

スポンサーリンク
レクタングル(大)




レクタングル(大)




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。