ホホバオイル|菅野千津子のアロマコラム




ホホバオイル

ホホバの実から抽出されるホホバオイル。名前はオイルですが、分類上ではワックスになります。ロウ類となります。

ホホバオイルは化粧品としてもよく使われますし、アロマセラピストにも好まれる方が多いですね。

メリットはロウ類なので、ほとんど酸化しません。普通のキャリアオイルは、開封すると半年しないうちに酸化臭が気になってきますが、ホホバオイルはにおいはしません。さらっとしていて使用感も良いです。

デメリットは頻繁に使用すると、ワックスなので皮膚の表面に付着して毛穴に赤い斑点のような症状が出るケースが多々あります。

例えばアロマセラピストがサロンの施術後に手を洗いますが、二の腕の内側など、洗いきれないことが重なるとそこから肌の炎症になったりします。

毎日ホホバオイルをお風呂上がりに塗り、その後洗い流すまでに時間が経過しているときにも出やすいのです。
ホホバオイルは、頻繁に使用せず他のキャリアオイルと併用することをおすすめします。

ただし、アトピー性皮膚炎などの炎症を起こし肌に傷がついていて、そこから細菌などが入るような状況にはホホバオイルを塗布すると、ちょうど蓋をするような役割をしてくれます。

精油同様に、キャリアオイルの使用も成分を理解して適用を見極めると良いですね。