リンパドレナージュ|アロマセラピストひとくちメモ




リンパドレナージュと生徒様にお話すると、「エステとかでやる痛いやつですか?」と聞かれることがあります。

痛いのは、一般用語ですと俗にいうリンパマッサージを指しているようです。健康体の方や刺激的な技術を求める方向きです。

リンパドレナージュとは、フランスの医療機関から生まれた施術です。
リンパドレナージュを現在日本で一番利用されているのは、乳がんや子宮がんの術後にリンパ節を取 ったあとに浮腫がひどくなっている「リンパ浮腫」といわれる症状の方の治療に使われている「医療的リンパドレナージュ」という施術です。

この施術は皮膚の表面にあるリンパにアプローチをする方法で、軽いタッチで行いますので痛みは一切ありません。医療従事者のみが取れる資格があり最近では、保険適用が認めらるようになりました。

医療的なリンパドレナージュは治療に活用されますが、本来のリンパドレナージュはがんの方だけではなく免疫力を高めたい、アレルギーに悩まれる方介護や育児に使いたい方などリンパドレナージュのニーズは広がっています。

リンパドレナージュについての説明を聞きたいと連日、私のスクールにもたくさんの方がお見えになります。
病気になる前に予防にもリンパドレナージュは役立ちます。

そしてリンパドレナージュのときにアロマを使うとさらに結果がわかります。

ドレナージュにおすすめの精油はジュニパーやグレープフルーツがおすすめです。