精油を使った香水-アロマセラピーの主な利用方法|アロマセラピーを仕事にする.jp

アロマ最新情報のメルマガ・サロン検索等の便利機能
個人会員登録(無料)
お気軽にご登録ください。

HOME > アロマを知る > 主な利用法

精油を使った香水

ふんわりと穏やかな香りは、自然香水の魅力です。 無水エタノールや精油をブレンドして、動物性香料や合成香料の入っていない世界に1つだけのオリジナル香水作りを楽しむことができます。

自分の好きな香りを、好みの濃度でブレンドしたオリジナル香水は、「どこにも売っていない自分だけの香り」という喜びがありますね。

いろいろな香りの香水を作っておけば、その日の気分に合わせて、いろいろなフレグランスを楽しむことができ、お友達へのプレゼントにも最適です。

手作りのアロマ香水で、素敵な香りに包まれた生活を演出しましょう。

香水の作り方

用意するもの

・無水エタノール(薬局で売っています。なければ、ウオッカやジンなどでも)
・香水を入れる遮光ビン(なければ、スプレー容器でも)
・好きな香りの精油

作り方の手順

1、遮光ビンに無水エタノールを入れます。

2、 エッセンシャルオイルを加え、よくかきまぜます。

3、 毎日1回かき混ぜ、2週間から1ヶ月ほど熟成させます。

4、アルコールの匂いが飛び、良い香りになったら完成です。

※精油には、 ノートと呼ばれる蒸散速度(香り始める速さ)の違いがあります。

トップノート(1番速く香り、30分~1時間位持続)ミドルノート(ゆっくり香り、1~2 時間持続)ベースノート(持続性があり、数時間後まで安定した香り)の3種類の精油を混ぜて作るとバランスが良く、持続性の高い香りになります。

↑ PAGE TOP